忍者ブログ

求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」

面接対策や転職活動のコツとしていろいろ情報があふれていますが、転職を経験した保育士として「これはやるべき」なことをまとめました。このブログは、保育士求人サイトFINE!の公認ブログです。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
保育士の求人環境改善を、ぜひとも
PR
保育士の採用試験でも一番の難関は面接です。
ここでは一体どんな質問をされるのか?

どんな風に答えたら採用を引き寄せられるのか?
悩んでいる人もたくさんいます。

中でも頭を悩ませているのは「志望動機」という人もいるのではないでしょうか?
そこで今回はどんな風に志望動機を言えば、「採用」になるのか、ご紹介したいと思います。


志望動機で見てるものって何?

「どうして私どもの保育園に就職を希望されたのですか?」
なんて聞かれます。
何も考えていないと、
「どうしてって言われても、求人票をみてなんとなくいいなと思ったし、家から通いやすいし・・・」と曖昧な答え方をしてしまいそうですよね。

でも、面接の質問には全てに意味があるんです。

「そんなこといっても、志望動機はどの職業でも聞かれるし、別に深い意味なんかないでしょう。」
なんて思ってませんか?

そんなことありません。
保育士の面接でも、「志望動機」はしっかりとした理由があって聞いているのです。
そのため、「なんとなく・・・」というような答えはふさわしくないのです。

見ているポイント3つ

そこで面接官は何を見ているのかというと、

・保育士としてのやる気
・保育園の保育理念を理解しているか?
・保育園に対してどんな風な利益があるのか?

と言ったところです。

保育士は人手不足で1人でも多くの保育士さんを雇いたい!と保育園は考えています。
しかし、誰でもいいから手当たり次第に・・・と言ったことではありません。

適当な保育士さんを雇ってしまうと、保護者からのクレームがはいり、保育園の評判にかかわります。
なにより、保育園であずかっている大事な子どもたちに危険が及ぶかもしれません。

ちゃんとした保育士さんであればぜひにも取りたい!と考えているのです。

そこで見極めるポイントの1つが「志望動機」です。

ここでは、保育士としてのやる気をみます。やる気があって、長く勤めてくれる人なのか?ということですね。
新しい保育士さんを1人迎えるには、お金も手間も、たくさんのコストがかかります。そのため、次々と新しい人を採用するのではなく、出来れば同じ保育士さんが長く働いてくれるのがベストです。
もちろん保育園のほうでも待遇の改善などは試みたりしていると思いますが、保育士さんのタイプとして、すぐ転職してしまわないか、というのを見ています。

そして自分の保育園の保育理念にそぐっているのか?ということです。
人間ですから、1人1人「これがベストな保育!」と思う保育方法は違いますよね。
細やかな違いであれば、お互いに理解しながら仕事を円滑にすすめることが出来ますが、大きな考え方が違うとそうもいきません。

すてきな保育士さんでも方針が合わないと、保育園にとっても保育士さんにとってもストレスになってしまうんですよね。

この2つは、面接官が見ているかなり重要な視点だそうです。

その上で自分の保育園へのメリットと、長く勤めてくれるのか?という不安を解消しているのです。


著者

神奈川で保育士をしています。
保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。
保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。
こちらのサイト保育士・幼稚園教諭の求人なら【FINE!保育】で公認ブロガーとして活動しています。

まとめ
いかがでしたか?面接官がなにをみているのか理解できると、志望動機を考えるのもちょっと楽になりますよね。

面接官は何人もの採用試験を経験していますから、同じ言葉を言ったとしてもあなたの雰囲気や話し方で見極めているのです。

では具体的にどんな風に答えればいいのか、次回ご紹介しましょう。
12月14日更新しました!(回答例と服装)

パート保育士として働きだしたはいいが、何かが違う…そんなギャップに悩む保育士は少なくありません。

正職やフルタイムとは異なるため、子どもとの関わり方に疑問を感じる人も少なくないです。

でも、そんなモヤモヤを面接を受けた際に解決することが出来るとしたらどうでしょうか?迷いなく、仕事に集中出来るためにパート保育士が面接でやるべきポイントを紹介しますね。

パートの保育士が面接で質問されることは?

保育園の立場から見ると、
・決まったシフトにそってきちんと出勤してくれるか
・すぐ辞めずに長く働いてくれるか
・スキルをもっているか
をパートの保育士の面接のときにみています。

そのため、保育士としてもこの内容にそってアピールすると面接の印象がアップします。

パート保育士の面接における質問と回答

【パート保育士の面接】「あなたの長所と短所は何ですか?」

長所には、「ほかの人と協力して働く」「まわりの人と仲良くなれる」という要素を入れると良いです。

保育園には、たくさんのパート保育士や正社員の保育士がいます。年齢も経験も様々な保育士たちと一緒に働くうえで、周囲の人と協調して働けるかというのは、人事担当なら気になりますよね。

また、特にパートの場合、年下や経験が浅い正社員の保育士の指示に従う場面も多くあります。そういうときに、トラブルを起こさず円滑に働いてくれるかというのは、気になるところですよね。


短所については、「早起きができない」「すぐ風邪を引いてしまう」など、遅刻や欠勤、責任感のないように見える要素は避けましょう。

【パート保育士の面接】「自分の良いところはどこですか?」

基本的には長所短所と答え方は同じです。

子育てや家事に毎日忙しく過ごしている保育士さんであれば、子育てや家事、仕事を効率良く進めることができていたり、少し嫌なことがあってもすぐ気持ちを切り替えることができる、というのが良いかと思います。

また、パートとはいえ保育士は体力勝負ですので、体力に自信がある、風邪をひきにくい、などが良いですね。

【パート保育士の面接】「志望理由・志望理由を教えてください」

パートの場合、保育士の志望動機は素直に答えるのが吉です。

「家から近かった」というのも立派な志望理由です。パートの場合、正社員とくらべて働く時間がすくなくなりますので、通勤時間を負担に感じる人はたくさんいます。

でも、家から近いのであれば通勤を理由に退職する可能性は低くなるので、採用担当も安心するのです。

「子育てが一段落した」というのも良いでしょう。子育ての経験を活かして、好きな保育士の仕事をもう一度やりたい、とお伝えしてみましょう。

パートの保育士の場合、面接の服装はどうすればいい?

パートの面接にいくときに迷うのが、服装です。

保育士の面接では、新卒以外スーツを着ることは少ないですよね。パートの面接でも、スーツを着ていく必要はありません。もちろん、丁寧すぎて失礼なことはないので、スーツを着ていっても大丈夫です。

普段着で行く場合、「授業参観」を意識した服装でいくと間違いがないと思います。
スカートでも、ズボンでも大丈夫ですが、ジャージやジーンズはカジュアルすぎる印象になるので避けましょう。

上は、ジャケットをはおるか、カーディガンをはおると丁寧な印象になります。


露出の激しい服や、原色や蛍光色などの派手な色柄の洋服は避けましょう。


率直に、採用後の仕事内容を聞く

一口にパートといっても、働き方は様々です。

未満児のトイレや食事の補助・早朝や延長保育担当・フリー・一時保育の補助など、園がどのような採用枠を用意しているのか質問することです。

質問そのものは、失礼にはなりません。
寧ろ、仕事に対する熱心さを伺えますからアピール要素もしっかり持てます。

また聞く事で、仕事への対応も出来ますよね。
経験者でしたら、特に自分の経験を活かせるかどうかを確認出来ますので、しっかり質問をしてみることをお勧めします。


パートは短時間だから責任はない、けれども無責任にはならないように

パートのイメージはどのようなものでしょうか。
正職とは違い、担任を持たないから自由に子どもと関われる楽なポジション、そんなイメージを持っている方は要注意です。

面接でもあなたがどんな心構えでパート保育士に応募したのか伺っていますので迂闊に「楽そうだから」と話すとNGです。

正職やフルタイム保育士に比べると確かに責任はありません。
ですが、逆にパート保育士だから保育に関わらせたくないと考える正職・フルタイム保育士がいることも忘れないで下さい。

それは意地悪などではなく、子どもをきちんと理解しないで関わることでアクシデントを引き寄せては困ると考えるからです。

大切な子どもを預かっているのですから、きちんとした保育態勢で見るのが当然です。そ

れをパートの保育士がきちんとした申し送りも聞かずに、子どもと関わろうとしたらどうなるでしょうか?

正式な補助でなければ、必要時以外で子どもと関わることには注意が必要です。
アクシデントを起こしてしまう不用意な対応をしないか、面接ではしっかりチェックされていますよ。


保育士は黒子に徹するべし。パート保育士はさらに裏方に徹するべし

遊ぶ時間を除いて、園生活の中でパート保育士の立ち位置はどんな時も裏方でいることに徹することが求められます。

正職の保育士(担任)がしっかりと子どもに向き合えるように常に雑用をこなす心構えがあるかどうか面接で見ています。

そもそも雑用が嫌ならば、パート保育士には向きません。
正職やフルタイムの保育士がきちんと保育出来る環境を整えることがパート保育士の心構えです。

子どもと遊べなくても、雑用ばかりでも、それを僻んだり不満に思う事がないようにしたいですね。

パート保育士が雑用をするから、本来きちんと子どもに向かい合うべき担任や補助の保育士が子どもと関われます。
自分の持ち場をきちんと守れる保育士かどうか、園側は面接で見極めようとするのです。

面接先を見極めることも大事

パートだから、と転職先を吟味せず転職先を決めるのはNGです。
パートだからこそ、自分にあった条件や、働きやすいと感じる保育園を選ぶことが必要なんです。

なぜ今、パートとして働きたいと思っているのでしょうか?
家の都合や、自分の生活・・・様々な理由があると思います。そういった事情を受け入れてくれるような、「融通のきく」保育園を選びましょう。

転職サイトには、ほとんどパート求人が載っていないというサイトもあるので、注意が必要です。
ちなみにわたしのおすすめの求人サイトはこちら。
>パート求人が多いので条件にあう募集を見つけやすい保育園の転職者向け求人サイト



著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


まとめ

いかがでしたか?

いかがでしたか。パートを希望する保育士の理由は様々だと思います。

時間に融通が利くから、ライフスタイルに応じての勤務時間の調整は良いと思います。

しかし、パートであっても正職であっても仕事内容については子どもの命を預かる仕事には変わりありませんから、自分勝手な理想を抱かずに自分に与えられた仕事を全うする意気込みを面接で見せて下さいね。

採用に大きく近づくこと間違いなしですよ。

もちろん自分の希望としっかり折り合いをつけることも大切ですから、面接では気が済むまで質問することをオススメします。
悪い印象を残す自己アピールとは
 
それでは、相手に悪い印象を残してしまう自己アピールについても見ていきましょう。その特徴としてあげられるのは、以下の3つです。
 
1.話が長くて、まとまりがない
2.保育士としてふさわしくない自己アピール
3.ネガティブで不安を与える
 
どうしても緊張してしまうのが面接ですから、ついうっかりこれらに当てはまる自己アピールになっちゃった…、という方がいても不思議ではありませんね。
 
先述した「よい印象が残る自己アピール」でもご紹介したように、やはり自己紹介はなるべくシンプルかつわかりやすいまとめることが大切です。

アピールしたいことがたくさんある方も多いと思いますが、自己アピールにたくさん盛り込み過ぎてしまうことによって、かえって自分のアピールしたいことが印象に残らないことがほとんどです。


こんな話題はNG
 
さらにやってはいけないこととして、保育士としてふさわしくない自己アピールをすることです。

「保育士としてふさわしくない」というのをどのように定義するのか、その線引きは難しいところです。

とはいえ、たとえば「夜遊び」を思わせるような趣味や特技を自己アピールに盛り込むことは、控えるのが無難です。

歌がうまいことをアピールしようと思って、「週末は友達と朝までカラオケに通っています!」と伝えてしまっては、「これだけ夜遊びしていては、日中の保育に差しさわりがあるのでは…?」、「派手な交友関係があるのでは…?」と保育への影響を不安がられたり、いらない疑心を持たれたりすることがあります。


謙虚な姿勢を忘れずに
 
また、自己アピールを謙虚な姿勢で伝えることは、好印象を残すことにつながります。

しかし、謙虚さを出そうとしたのが裏目になり、ネガティブな締めくくりで自己アピールを終えるのは、極力避けましょう。

ありがち例として、「制作物をつくるのは好きです。けれども、あまり上手につくれなくて…。工夫してつくりたいと思っているのですが、心配な面もあります…」などのように、「自分の不安」の方が印象に残るような自己アピールをしてしまっては、元も子もありませんね。
 
これから新しい職場で仕事に挑戦するわけですから、誰しも少なからず不安を抱えているものです。けれども、それを応募している保育園に言葉を選ばずに伝えてしまうことで、「この先生、うちでやっていけるのかしら…」と不安を伝染させてしまうことにつながってしまいます。
 
 
著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


自己アピールには、「自信をもって」売り込もう!
 
これから働きたい保育園に対して、自分の強みを存分にアピールするチャンスが面接です。

限られた時間の中で、より印象に残る自己アピールをするためには、何よりも「自信をもつ」ことが大切です。良い保育士求人を探し当てたら、今までの保育現場で学んだ経験を思い出し、シンプルかつわかりやすくまとめたうえで、胸を張って面接に臨みましょう!
「この保育園で働きたい!」

その想いから、面接ではできるだけたくさんアピールしたいものですよね。

しかし、一人あたりの面接時間は、短く限られています。
もっとも、半日近く話すことができれば、細かいところまで話し込むことができるため、しっかりと自己アピールをすることもできるかもしれません。

しかし、保育士の面接では、ほとんどが30分前後になっています。
園によっては、15分に満たずに面接が終わってしまうことさえあるでしょう。
このように短く限定された時間でも、自分の強みを上手にアピールできるかどうかが、面接では何よりも重要です。

今回は、よい印象が残る自己アピール、悪い印象を残す自己アピールについて、それぞれ具体的な例をあげながら、その方法後ご紹介していきます。



よい印象が残る自己アピールとは

保育士の面接では、どのような自己アピールをすると、よい印象が残るのでしょうか。そのために気をつけたいポイントは、以下の3つです。

1.シンプルでわかりやすい
2.謙虚さを意識して、自慢話にしない
3.具体的なエピソードを交える
 
まずは、自分のことをなすときには、長々と話さないように心がけましょう。

たとえ面接の場面でなかったとしても、自分ことだけを延々と話している人は、好印象をもたれないことが多いのではないでしょうか。

そうならないためにも、自分の話をするときは、「2分以内」を目安にして、話し終えるように意識しましょう。

どうしても自己アピールをしようという気持ちが強すぎてしまうと、「自分のいいところ」だけを話してしまいがちです。

すると、話を聴いている側からは、「この人は自慢話をしに面接に来たのかしら…」と呆れられてしまうため、とくに気を付ける必要があります。
大切なことは、「その経験から、学んだことは何か」、「今後、どのように成長していきたいのか」2つを意識して話の中に取り入れることです。

それだけで、あなたの自己アピールに好感度が増すことでしょう。


著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


まとめ

いかがでしたか?
 
過去の経験をアピールしながらを伝えるためには、具体的なエピソードを交えながら話すことが重要です。

保育現場で起こったことを自己アピールにつかうのであれば、そのときの子どもたちの様子はもちろん、自分はどのような対応をしたいのかなど、具体的かつシンプルに伝えておくと好印象を持たれます。

次回は、反対に悪い例をご紹介します。良い例だけ知っていると、どうしてもおもしろみのない単一な話になりがち。
面接官にしっかり印象づけるためにも、良い例・悪い例を両方しっておきましょう!
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]