忍者ブログ

求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」

面接対策や転職活動のコツとしていろいろ情報があふれていますが、転職を経験した保育士として「これはやるべき」なことをまとめました。このブログは、保育士求人サイトFINE!の公認ブログです。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪い印象を残す自己アピールとは
 
それでは、相手に悪い印象を残してしまう自己アピールについても見ていきましょう。その特徴としてあげられるのは、以下の3つです。
 
1.話が長くて、まとまりがない
2.保育士としてふさわしくない自己アピール
3.ネガティブで不安を与える
 
どうしても緊張してしまうのが面接ですから、ついうっかりこれらに当てはまる自己アピールになっちゃった…、という方がいても不思議ではありませんね。
 
先述した「よい印象が残る自己アピール」でもご紹介したように、やはり自己紹介はなるべくシンプルかつわかりやすいまとめることが大切です。

アピールしたいことがたくさんある方も多いと思いますが、自己アピールにたくさん盛り込み過ぎてしまうことによって、かえって自分のアピールしたいことが印象に残らないことがほとんどです。


こんな話題はNG
 
さらにやってはいけないこととして、保育士としてふさわしくない自己アピールをすることです。

「保育士としてふさわしくない」というのをどのように定義するのか、その線引きは難しいところです。

とはいえ、たとえば「夜遊び」を思わせるような趣味や特技を自己アピールに盛り込むことは、控えるのが無難です。

歌がうまいことをアピールしようと思って、「週末は友達と朝までカラオケに通っています!」と伝えてしまっては、「これだけ夜遊びしていては、日中の保育に差しさわりがあるのでは…?」、「派手な交友関係があるのでは…?」と保育への影響を不安がられたり、いらない疑心を持たれたりすることがあります。


謙虚な姿勢を忘れずに
 
また、自己アピールを謙虚な姿勢で伝えることは、好印象を残すことにつながります。

しかし、謙虚さを出そうとしたのが裏目になり、ネガティブな締めくくりで自己アピールを終えるのは、極力避けましょう。

ありがち例として、「制作物をつくるのは好きです。けれども、あまり上手につくれなくて…。工夫してつくりたいと思っているのですが、心配な面もあります…」などのように、「自分の不安」の方が印象に残るような自己アピールをしてしまっては、元も子もありませんね。
 
これから新しい職場で仕事に挑戦するわけですから、誰しも少なからず不安を抱えているものです。けれども、それを応募している保育園に言葉を選ばずに伝えてしまうことで、「この先生、うちでやっていけるのかしら…」と不安を伝染させてしまうことにつながってしまいます。
 
 
著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


自己アピールには、「自信をもって」売り込もう!
 
これから働きたい保育園に対して、自分の強みを存分にアピールするチャンスが面接です。

限られた時間の中で、より印象に残る自己アピールをするためには、何よりも「自信をもつ」ことが大切です。良い保育士求人を探し当てたら、今までの保育現場で学んだ経験を思い出し、シンプルかつわかりやすくまとめたうえで、胸を張って面接に臨みましょう!
PR
「この保育園で働きたい!」

その想いから、面接ではできるだけたくさんアピールしたいものですよね。

しかし、一人あたりの面接時間は、短く限られています。
もっとも、半日近く話すことができれば、細かいところまで話し込むことができるため、しっかりと自己アピールをすることもできるかもしれません。

しかし、保育士の面接では、ほとんどが30分前後になっています。
園によっては、15分に満たずに面接が終わってしまうことさえあるでしょう。
このように短く限定された時間でも、自分の強みを上手にアピールできるかどうかが、面接では何よりも重要です。

今回は、よい印象が残る自己アピール、悪い印象を残す自己アピールについて、それぞれ具体的な例をあげながら、その方法後ご紹介していきます。



よい印象が残る自己アピールとは

保育士の面接では、どのような自己アピールをすると、よい印象が残るのでしょうか。そのために気をつけたいポイントは、以下の3つです。

1.シンプルでわかりやすい
2.謙虚さを意識して、自慢話にしない
3.具体的なエピソードを交える
 
まずは、自分のことをなすときには、長々と話さないように心がけましょう。

たとえ面接の場面でなかったとしても、自分ことだけを延々と話している人は、好印象をもたれないことが多いのではないでしょうか。

そうならないためにも、自分の話をするときは、「2分以内」を目安にして、話し終えるように意識しましょう。

どうしても自己アピールをしようという気持ちが強すぎてしまうと、「自分のいいところ」だけを話してしまいがちです。

すると、話を聴いている側からは、「この人は自慢話をしに面接に来たのかしら…」と呆れられてしまうため、とくに気を付ける必要があります。
大切なことは、「その経験から、学んだことは何か」、「今後、どのように成長していきたいのか」2つを意識して話の中に取り入れることです。

それだけで、あなたの自己アピールに好感度が増すことでしょう。


著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


まとめ

いかがでしたか?
 
過去の経験をアピールしながらを伝えるためには、具体的なエピソードを交えながら話すことが重要です。

保育現場で起こったことを自己アピールにつかうのであれば、そのときの子どもたちの様子はもちろん、自分はどのような対応をしたいのかなど、具体的かつシンプルに伝えておくと好印象を持たれます。

次回は、反対に悪い例をご紹介します。良い例だけ知っていると、どうしてもおもしろみのない単一な話になりがち。
面接官にしっかり印象づけるためにも、良い例・悪い例を両方しっておきましょう!
| HOME
Copyright ©  -- 求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]