忍者ブログ

求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」

面接対策や転職活動のコツとしていろいろ情報があふれていますが、転職を経験した保育士として「これはやるべき」なことをまとめました。このブログは、保育士求人サイトFINE!の公認ブログです。

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
「この保育園で働きたい!」

その想いから、面接ではできるだけたくさんアピールしたいものですよね。

しかし、一人あたりの面接時間は、短く限られています。
もっとも、半日近く話すことができれば、細かいところまで話し込むことができるため、しっかりと自己アピールをすることもできるかもしれません。

しかし、保育士の面接では、ほとんどが30分前後になっています。
園によっては、15分に満たずに面接が終わってしまうことさえあるでしょう。
このように短く限定された時間でも、自分の強みを上手にアピールできるかどうかが、面接では何よりも重要です。

今回は、よい印象が残る自己アピール、悪い印象を残す自己アピールについて、それぞれ具体的な例をあげながら、その方法後ご紹介していきます。



よい印象が残る自己アピールとは

保育士の面接では、どのような自己アピールをすると、よい印象が残るのでしょうか。そのために気をつけたいポイントは、以下の3つです。

1.シンプルでわかりやすい
2.謙虚さを意識して、自慢話にしない
3.具体的なエピソードを交える
 
まずは、自分のことをなすときには、長々と話さないように心がけましょう。

たとえ面接の場面でなかったとしても、自分ことだけを延々と話している人は、好印象をもたれないことが多いのではないでしょうか。

そうならないためにも、自分の話をするときは、「2分以内」を目安にして、話し終えるように意識しましょう。

どうしても自己アピールをしようという気持ちが強すぎてしまうと、「自分のいいところ」だけを話してしまいがちです。

すると、話を聴いている側からは、「この人は自慢話をしに面接に来たのかしら…」と呆れられてしまうため、とくに気を付ける必要があります。
大切なことは、「その経験から、学んだことは何か」、「今後、どのように成長していきたいのか」2つを意識して話の中に取り入れることです。

それだけで、あなたの自己アピールに好感度が増すことでしょう。


著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。


まとめ

いかがでしたか?
 
過去の経験をアピールしながらを伝えるためには、具体的なエピソードを交えながら話すことが重要です。

保育現場で起こったことを自己アピールにつかうのであれば、そのときの子どもたちの様子はもちろん、自分はどのような対応をしたいのかなど、具体的かつシンプルに伝えておくと好印象を持たれます。

次回は、反対に悪い例をご紹介します。良い例だけ知っていると、どうしてもおもしろみのない単一な話になりがち。
面接官にしっかり印象づけるためにも、良い例・悪い例を両方しっておきましょう!
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 求人探しと転職を経た保育士が教える「面接対策」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]